一般外科看護師は勉強と実践を繰り返せる

なりたい!外科ナース

外科で働きたいと思った看護師が読んで欲しいサイト

勉強と実践を繰り返せる一般外科

勉強と実践を繰り返せる一般外科

やりがい

一般外科の看護師として働くやりがいはスキルアップがしやすいというものがあります。外科病棟で働く看護師は内科病棟では、経験をすることができない手術前後の処置や知識を身につけることができます。必要な知識は手術方法によって多岐に渡りますが、その知識を得るために勉強をしたことを実践する機会がとても多いです。そして勉強と実践を繰り返すことができるので、しっかりと知識と技術が身につきます。
慢性疾患患者よりも在院日数が短いことが多いので、患者さんの入れ替わりが激しい診療科です。そのため多くの症例を見ることができますので、様々な手術方法や治療法も経験できます。多くの症例を見るだけではなく、同じ病気を回復させるにも手術方法や患者背景によって治療法も変わりますのでスキルアップにはとてもうってつけの診療科と言えます。
そして一般外科は手術前後の処置をすることが多いので、入院から手術前後、そして退院までの患者さんとの一連の流れを経験できます。治療の経過がわかりやすいため、日に日に患者さんが回復していく姿を見ることができるので実感を得やすいというのもやりがいの一つです。

仕事の苦労

一般外科では入院してから2、3日で退院する患者さんもいるなど、在院日数が短いのが特徴になります。そのため1人1人の患者さんに時間をかけて看護をすることが難しいです。1日に限られた時間内で行う業務が多いこともあり、患者さんと十分にコミュニケーションを取る時間がありません。患者さんと十分なコミュニケーションを取る時間が十分に取りづらいので、1人1人に寄り添った看護をしたいと思う人には苦労につながることがあります。
最近の医療は進歩が早く、今まで当然であった処置が新しい処置に取って代わることが増えてきています。そして外科は特に症例が多いということもあり、覚えなくてはならない新しい処置も必然的に多くなります。その都度、新しい術式やその術式に伴う必要な観察項目や処置をしっかりと勉強する必要があります。
こうした勉強をしなければならない一般外科ですが、業務内容がとても多い上に、急患の対応や急な検査や処置が少なくないため、時間内に終わらないことが多くなります。そのため残業も必然と多くなってしまい、勉強する時間がさらに削られるということもあります。そのため一般外科の看護師は忙しく、時間管理を徹底しなければならないところにも苦労があります。

勉強熱心なあなたにおすすめ!

外科勤務に興味があるなら転職も視野に
外科に転職する際の心構え

外科に転職する際の心構えを知って転職に後悔をすることなく、自分の目的にぴったりの転職をしましょう。転職の目的をはっきりさせるなどのポイントを押さえましょう。

外科で働く看護師のやりがいと苦労
勉強と実践を繰り返せる一般外科

一般外科は勉強と実践を繰り返すことができるので知識と技術がしっかりと身につきます。そして在院日数が短いことが多いことから様々な症例を見ることもできます。

外科で働く看護師の仕事内容
一般外科の看護師の仕事内容

一般外科で働く看護師の仕事内容を、一般外科の特徴とともに紹介しています。一般外科の看護師の役割も紹介していますので興味のある方はご一読ください。