消化器外科看護師は忙しいが学びが多い

なりたい!外科ナース

外科で働きたいと思った看護師が読んで欲しいサイト

忙しくても学びが多い消化器外科

忙しくても学びが多い消化器外科

やりがい

食生活の欧米化やストレスの負荷によって日本人の消化器への負担は年々増加していることがわかっています。特に消化器系のがんや腫瘍は国民病とも言える罹患率の高さとなっています。このように現在多くの患者さんがいる消化器外科で働くやりがいについて紹介していきます。
まず消化器外科ではがん患者が多いことから放射線療法や化学療法の抗がん剤治療が行われています。これらは他の診療科の病棟でも扱われることがありますが、特に消化器外科では多いのでこれらの知識を高めたい人にとってはぴったりの仕事です。診断から終末期までの全てのステージを担当することもあり、診断での段階での看護、慢性期の段階の看護といったようにそれぞれのステージの看護について習得しやすいといえます。
がんの看護は消化器系の臓器が患うことが多いというだけであり、消化器外科以外の診療科でも扱う疾患です。そのため消化器外科だけではなく、がんを扱う他の診療科で培った知識とスキルを活かすことができます。がんは死因の割合がとても高い疾患であることから、とても重要な看護ともいえます。そんながん治療の看護をしっかりと学ぶことができる消化器外科での仕事をやりがいとする看護師はとても多くいます。

苦労

日本人のがん患者の6割以上は消化器系の臓器が患っていることがわかっており、そのためがん患者全体の6割以上が消化器外科で扱う患者さんとなります。そのため業務の忙しさもとても忙しいといえる診療になります。
さらにがん治療は日々進歩していくことから新しい治療法、新しい手術法などが次々と出てきています。その新しい治療法が出るたびに看護師もその治療法について学ぶ事柄が出てきますし、新しい手術法の術後に関して観察するために学ぶべきことが出てきます。こういった勉強をするという面では業務の忙しさもありかなり苦労をする看護師が多いようです。育児をしながら働いている看護師にとっては勉強会や講習会に参加する時間を捻出できずに苦労したりすることもあります。
さらに扱っている疾患に生死に直結するがんが多いということから、患者さんの死に直面する機会も多いです。そのため患者さんの家族の方が辛い思いをしている場面も目にする機会が多いです。こうした悲しい場面に居合わせる機会が多いことで精神的に辛いと感じる看護師も少なくありません。そのため消化器外科の苦労は患者さんの死に直面する機会も多いということにあります。

勉強熱心なあなたにおすすめ!

外科勤務に興味があるなら転職も視野に
外科に転職する際の心構え

外科に転職する際の心構えを知って転職に後悔をすることなく、自分の目的にぴったりの転職をしましょう。転職の目的をはっきりさせるなどのポイントを押さえましょう。

外科で働く看護師のやりがいと苦労
勉強と実践を繰り返せる一般外科

一般外科は勉強と実践を繰り返すことができるので知識と技術がしっかりと身につきます。そして在院日数が短いことが多いことから様々な症例を見ることもできます。

外科で働く看護師の仕事内容
一般外科の看護師の仕事内容

一般外科で働く看護師の仕事内容を、一般外科の特徴とともに紹介しています。一般外科の看護師の役割も紹介していますので興味のある方はご一読ください。