美容外科看護師は嬉しい社員割引もあり

なりたい!外科ナース

外科で働きたいと思った看護師が読んで欲しいサイト

社員割引制度もある美容外科

社員割引制度もある美容外科

やりがい

施術やケアの質はもちろん求められますが、それ以上に患者さんが安心して笑顔でいられるような対応を求められるのが美容外科の看護師です。接遇能力が必要不可欠であり、営業的な要素が多い美容外科の看護師には大変に思うことも多くあります。しかし患者さん1人1人との時間が多いので、患者さんに特に寄り添った看護をできるという他の診療科とはまた違うやりがいがあります。
美容に関しては特にコンプレックスを抱きやすい部分でもあり、このコンプレックスを解消しやすいのが美容外科ですので、コンプレックスを解消した患者さんの笑顔を見られるということも大きなやりがいにつながります。美容に興味があって営業的な側面も持って患者さんと接したいという人は特にやりがいを持って働きやすい職場です。
また夜勤がなくても高収入でなおかつ高待遇と言われているのが美容外科の看護師です。基本的に患者さんに健康的な問題を抱えているわけではありませんし、緊急搬送などもありませんので精神的な負担も他の診療科と比べると低いです。こういった環境でも多くの死に直面している看護師や夜勤をしている看護師と同様の収入があったりするため、生活面も安定することが多いという職場でもあります。また社員割引制度などもあるため、格安で施術を受けられるという点でもとても人気の高い職場です。

苦労

美容外科の看護師にはとても魅力的な部分が多いですが、人によっては病棟で勤務するよりも辛いと感じてしまうこともあります。美容外科の看護師からすると患者さんはどちらかというとお客さんに近い存在になります。美容外科は接遇が重視されるということもあり、施術の回数や患者さんからの指名によって給料が変動するようなクリニックもあります。これらのノルマを抱えて仕事をすることが苦手という人にとっては大きな苦労につながることがあります。
また、病棟で働いていても理不尽なクレームなどがあって辛いと思うことは誰しもが経験することだと思います。美容外科ではこのクレームが病棟の比ではないという苦労もあります。美容外科を訪れる患者さんは全員美に対してとても厳しい人です。そのため施術の結果がイメージと違うことがあれば病棟とはクレームの強さが異なります。また病棟での理不尽なクレームなどは慣れてくることで聞き流せるという人も出てきますが、美容外科で出るクレームは結果の批判が多いですので精神的に辛いと感じる人が多いです。

勉強熱心なあなたにおすすめ!

外科勤務に興味があるなら転職も視野に
外科に転職する際の心構え

外科に転職する際の心構えを知って転職に後悔をすることなく、自分の目的にぴったりの転職をしましょう。転職の目的をはっきりさせるなどのポイントを押さえましょう。

外科で働く看護師のやりがいと苦労
勉強と実践を繰り返せる一般外科

一般外科は勉強と実践を繰り返すことができるので知識と技術がしっかりと身につきます。そして在院日数が短いことが多いことから様々な症例を見ることもできます。

外科で働く看護師の仕事内容
一般外科の看護師の仕事内容

一般外科で働く看護師の仕事内容を、一般外科の特徴とともに紹介しています。一般外科の看護師の役割も紹介していますので興味のある方はご一読ください。