診療科目別看護師の仕事内容と特徴「形成外科」

なりたい!外科ナース

外科で働きたいと思った看護師が読んで欲しいサイト

美容外科との違いは?形成外科の仕事内容

美容外科との違いは?形成外科の仕事内容

形成外科の特徴

形成外科は美容外科と少し似ている診療科目ですが、美容外科とは違う領域を扱う診療科ですので特徴をしっかりと把握しましょう。形成外科は身体の変形や欠損などを特殊な技術や手法を駆使して、より正常により美しくするための診療科となります。美容外科との違いはどこにあるのかという点ですが、美容外科はもともと正常な部分をより美しくするためのものとなります。
形成外科はやけどでケロイド状となった皮膚の治療や、顔面骨折の治療などを扱います。形成外科は美容整形や美容外科とは診療領域が重なる部分もありますが、より専門的でより幅広い領域の疾患を扱うことになります。

形成外科の看護師の仕事

形成外科は診療の特性上から処置のケースがとても多いので、形成外科の看護師は病棟でもクリニックでも処置の介助をすることが多いです。患者さんの処置について説明をしたり、処置の必要物品の準備や処置中の介助などが仕事になります。また患者さんは不安を抱いて処置を受けている人も多いため、処置の説明も納得してもらえるように十分にすることも大切な仕事になります。
そして患者さんの精神的なケアも大事な仕事で、形成外科の患者さんはコンプレックスとなりやすい外見について悩みを抱えていますので処置に対する不安も大きくなります。顔面骨折をして顔が変形してしまっている患者さんなどは、特に元どおりになるかどうか強い不安を抱えることは想像に難しくないはずです。そのため他の外科と比べると施術前や施術後の精神的なフォローの仕事が重要となっています。

連携を行う仕事

病棟では医師の診療の補助や日常生活援助以外にも他の診療科との連携と調整が業務に加わっていることが形成外科の大きな特徴とも言えます。小児の口唇口蓋裂であれば治療をした後の処置や看護をするためには小児科との連携が必要になります。そして乳がん治療で乳房を切除した後の患者さんに対して、乳房の再建術をするのであれば乳がんの治療をした乳腺外科の担当医と連携をすることが必要です。
このように形成外科は現在の患者さんが来院するまでに他の診療科ですでに治療を受けていることが多いため、他の診療科とスムーズな連携を取って仕事をすることが必要不可欠となります。形成外科の看護師はコミュニケーション能力が求められることになりますので、コミュニケーション能力を活かしたいと考えている看護師にはぴったりの仕事内容になります。

勉強熱心なあなたにおすすめ!

外科勤務に興味があるなら転職も視野に
外科に転職する際の心構え

外科に転職する際の心構えを知って転職に後悔をすることなく、自分の目的にぴったりの転職をしましょう。転職の目的をはっきりさせるなどのポイントを押さえましょう。

外科で働く看護師のやりがいと苦労
勉強と実践を繰り返せる一般外科

一般外科は勉強と実践を繰り返すことができるので知識と技術がしっかりと身につきます。そして在院日数が短いことが多いことから様々な症例を見ることもできます。

外科で働く看護師の仕事内容
一般外科の看護師の仕事内容

一般外科で働く看護師の仕事内容を、一般外科の特徴とともに紹介しています。一般外科の看護師の役割も紹介していますので興味のある方はご一読ください。