診療科目別看護師の仕事内容と特徴「一般外科」

なりたい!外科ナース

外科で働きたいと思った看護師が読んで欲しいサイト

一般外科の看護師の仕事内容

一般外科の看護師の仕事内容

一般外科の特徴

病院の外科は脳外科や心臓外科、整形外科など、多くの外科がありますが外科全般の一般外科の特徴について紹介していきます。まず外科の特徴は手術があるというのが大きなものになります。外科に入院する患者さんのほとんどといっていい数が手術を目的としています。そのため急性期と呼ばれる急ぎの対応が必要とされる患者さんが多いので、外科の分野では慢性期の疾患は珍しくなります。
そして手術が終わって創部が治癒することで治療が完結することが多いので、内科に比べると短期間で退院されることも多くなります。結果的に入院日数が内科と比べると短くなります。そして外科は内科よりも虫垂炎といった子供から高齢者までかかる疾患などから患者さんの年齢層が幅広くなっています。またスポーツや仕事での怪我も外科を受診することになりますので、外科は子供から高齢者まで対応することも特徴の一つです。

一般外科の看護師の仕事

手術後や外傷のある患者さんが多くいるので、外科の看護師の業務の特徴は処置が多いというところにあります。処置は創部の感染兆候の有無を観察して軟膏の塗布や包帯の交換などを行います。重症な場合には医師と一緒に仕事を行いますが、ある程度容体が落ち着いてくることで看護師のみで看護などの医療対応をしていきます。
外科の場合はルーチン業務に加えて術前と術後の業務があることも特徴になります。術前は術前処置があったり患者さんへの手術に関する説明や術前の注意事項伝達があります。オペ室に患者さんを送り出した後はオペから帰ってきたときのことを考えて人工呼吸器や医療器具の準備などをします。そしてオペ室から患者さんが戻ってきたら医師から指示された薬剤の投与、家族が面会できるようにしておくことや、全身状態の観察管理を行います。

一般外科の看護師の役割

外科の大きな特徴としては手術があることですので、外科の看護師の役割も手術に関することが大きなものとなります。手術前は緊張と不安で精神的に不安定になることも珍しくありません。そのため外科の看護師は手術前の精神的なフォローが大切な役割になります。また術後は急変が起こりやすい状態ですので、何か異常がないかどうかのチェックも大切な役割となります。術後に異常が出る前のサインを見逃さずに未然に防いだり、異常が起きてしまった場合にはすぐに対処できるようにしておきます。さらに術後の急変だけではなく、創部の感染や合併症の有無の観察も重要な役割です。

勉強熱心なあなたにおすすめ!

外科勤務に興味があるなら転職も視野に
外科に転職する際の心構え

外科に転職する際の心構えを知って転職に後悔をすることなく、自分の目的にぴったりの転職をしましょう。転職の目的をはっきりさせるなどのポイントを押さえましょう。

外科で働く看護師のやりがいと苦労
勉強と実践を繰り返せる一般外科

一般外科は勉強と実践を繰り返すことができるので知識と技術がしっかりと身につきます。そして在院日数が短いことが多いことから様々な症例を見ることもできます。

外科で働く看護師の仕事内容
一般外科の看護師の仕事内容

一般外科で働く看護師の仕事内容を、一般外科の特徴とともに紹介しています。一般外科の看護師の役割も紹介していますので興味のある方はご一読ください。