診療科目別看護師の仕事内容と特徴「消化器外科」

なりたい!外科ナース

外科で働きたいと思った看護師が読んで欲しいサイト

幅広い領域を扱う消化器外科の仕事内容

幅広い領域を扱う消化器外科の仕事内容

消化器外科の特徴

消化器外科の診療領域は食道、胃、小腸、大腸といった食べ物の消化吸収に関わっている全ての臓器となります。同じ外科でも脳外科は脳を扱い、心臓外科は心臓、大動脈を診療していますので、外科の中でも消化器外科は幅広い領域を扱っている診療科と言えます。消化器外科は消化器関連の疾患の中でも手術が必要な疾患を扱いますが、疾患の中でもがんを扱うことがとても多いです。
手術をして創部が治癒するまで看護をして退院をするまでではなく、がんを扱うことが多いということから手術後にも治療のために数週間の入院が必要であったり、化学療法のために再入院ということも多くあります。がんが多いということからがん治療に関する仕事が多くなることが特徴となります。そして消化器に関するがんは死因の割合がとても高いので健康と平均寿命を支える大切な診療科です。

消化器外科の看護師の仕事

消化器外科の外来は他の診療科と仕事内容はそこまで変わりませんが病棟の看護師は消化器外科特有の仕事があります。清潔ケアや食事介助といった看護の基本業務の他に、消化器外科の看護師はオペ前後の処置や説明があります。手術は消化器外科に入院している患者さんの目的であることがほとんどですので、その手術に向けてしっかりと説明をして患者さんの不安を取り除く必要があります。そして手術後には痛みや合併症などからの異常を早期発見、未然に防ぐ仕事があります。
そして消化器外科はがん治療が多くありますので、抗がん剤治療を選択する患者さんもいます。消化器外科の看護師は抗がん剤の調剤をすることもありますし、抗がん剤の投与とルート漏れがないかの観察と管理が多くなります。抗がん剤の調剤はガウン着用であったり正しい知識と主技が必要となり、投与後の観察ポイントは知っておく必要があります。

消化器外科の看護師の役割

消化器外科の患者さんは食べ物を消化吸収する臓器に問題を抱えていることになりますので、一時的に食事をすることができない治療をすることも多くあります。食事は生きていく上で必要不可欠な行為であると同時に、幸福を感じる人も多いです。この食事ができないということからストレスを感じてしまう患者さんが多くいるため、ストレスを理解して軽減させるためのケアを行うことが消化器外科の看護師の大きな役割になります。他にも抗がん剤治療や人工肛門などの今までの生活から変化することで大きなストレスを抱えてしまう患者さんに対するケアも大切です。

勉強熱心なあなたにおすすめ!

外科勤務に興味があるなら転職も視野に
外科に転職する際の心構え

外科に転職する際の心構えを知って転職に後悔をすることなく、自分の目的にぴったりの転職をしましょう。転職の目的をはっきりさせるなどのポイントを押さえましょう。

外科で働く看護師のやりがいと苦労
勉強と実践を繰り返せる一般外科

一般外科は勉強と実践を繰り返すことができるので知識と技術がしっかりと身につきます。そして在院日数が短いことが多いことから様々な症例を見ることもできます。

外科で働く看護師の仕事内容
一般外科の看護師の仕事内容

一般外科で働く看護師の仕事内容を、一般外科の特徴とともに紹介しています。一般外科の看護師の役割も紹介していますので興味のある方はご一読ください。