診療科目別看護師の仕事内容と特徴「美容外科」

なりたい!外科ナース

外科で働きたいと思った看護師が読んで欲しいサイト

華やかなイメージの美容外科の仕事内容

華やかなイメージの美容外科の仕事内容

美容外科の看護師の特徴

美容系クリニックの数が飛躍的に増加をしている現在、美容外科は看護師にとても人気の診療科となっています。しかし病院や医療施設で働いていた経験を持つ看護師には、なかなか仕事を想像しにくい部分もあり先入観やイメージが先行して仕事内容が意外とくっきりしていないという人もいます。そこで美容外科の具体的な業務内容についてまずは把握していきましょう。
医療現場の中でも華やかなイメージを持たれがちな美容外科ですが、美容外科の1日はまず開院準備から始まります。開院してからは予約している患者さんを受け付ける業務が中心となります。そして19時には閉院して片付けや掃除などを済ませて退勤をするので、遅くても20時には勤務が終わる職場が多いようです。このスケジュール感は看護師の中では珍しいため、美容外科の看護師は少数の働き方ということになります。

休日について

美容外科で働く看護師は一般の医院で働いている看護師よりも休みがずれることが多いです。一般の医院では土日祝日、お盆や年末年始などは休みになることも多いです。しかし美容外科ではこの時期が繁忙期となるので人員を割くために休みが取りづらいといった働き方の特徴もあります。このため休日はシフト制となることが多いですが急患の受付や救急外来といったことはありませんので、希望休は一般の医院で働く看護師よりも取得しやすいと言えます。

仕事の特徴

美容外科の看護師は診察と診療のサポートは他の診療科と同様にありますが、美顔器や脱毛器といった機器操作や整形手術の介助などの他の診療科にはない仕事も多くあります。そのため美容外科で働く看護師は他の診療科では使わない知識と技術を求められることが多くなることが特徴です。つまり美容外科独自の仕事内容が多くあるということになります。しかしこれらの仕事内容に特別な高いスキルが求められるということはありませんので、看護師業務をきちんとこなせる能力あれば十分に活躍できます。
さらに美容外科では患者さんのカウンセリングなどの精神サポートも大きな仕事内容になります。そのため他の外科と同様に患者さんの悩みを相談されることも多く、この点では他の外科と同じような細かな対応が求められます。このような仕事内容の特徴から精神サポートをするためにカウンセラーの資格を取得することもあります。そのため資格を取得していない人が仕事を通してカウンセラーの資格を取得することもあり、他の外科に勤めることを考えてもカウンセラーの資格があることで転職に有利になる側面もあります。

勉強熱心なあなたにおすすめ!

外科勤務に興味があるなら転職も視野に
外科に転職する際の心構え

外科に転職する際の心構えを知って転職に後悔をすることなく、自分の目的にぴったりの転職をしましょう。転職の目的をはっきりさせるなどのポイントを押さえましょう。

外科で働く看護師のやりがいと苦労
勉強と実践を繰り返せる一般外科

一般外科は勉強と実践を繰り返すことができるので知識と技術がしっかりと身につきます。そして在院日数が短いことが多いことから様々な症例を見ることもできます。

外科で働く看護師の仕事内容
一般外科の看護師の仕事内容

一般外科で働く看護師の仕事内容を、一般外科の特徴とともに紹介しています。一般外科の看護師の役割も紹介していますので興味のある方はご一読ください。