看護師のベストな転職時期を知ろう

なりたい!外科ナース

外科で働きたいと思った看護師が読んで欲しいサイト

おすすめの転職時期

おすすめの転職時期

転職の時期

看護師の転職もどの業界の転職もそうですが、転職に良い時期と悪い時期が存在します。これはそれぞれで良い時期と悪い時期がありますが、もちろん看護師の転職の良い時期と悪い時期を把握しておきましょう。そして転職は採用してくれることが決まってからの期間もあれば、退職をするまでの期間もあります。そのため転職をしようと決めてから最低でも3ヶ月はかかるということも覚えておきましょう。これらを理解していただいた上で、看護師の転職時期について紹介します。

転職におすすめしない時期

ここでは「転職を行動に移す時期」と「転職を完了する時期」の2つに分けて、それぞれの視点で紹介します。
まず、転職を行動に移すのにおすすめしない時期は2月・3月・4月・5月です。これらの時期はそもそも求人の数が少ないということを理解しておきましょう。2月から5月は新卒の採用が積極的になっている病院が多いため、あまり中途採用の求人は目立ちません。そのためこれから求人を探していっても条件の良い求人は見つかりにくいです。中でも特に4月・5月・6月に転職活動を始めることはおすすめしません。
転職を完了させる時期におすすめしない時期は5月・6月・7月です。この時期に転職を完了させたということは、3月から5月の求人から転職をしたことになりますので、早くに新卒の離職者を出してしまった職場の求人といえます。そのため基本的に長く続けやすい職場とはいえないところが多いので、しっかりと福利厚生のチェックや内部情報を良く理解して転職をしましょう。

転職におすすめの時期

転職を行動に移すのにおすすめの時期は5月です。5月から転職活動を始めることで、6月と7月のボーナスを受け取って退職する人の補充やゴールデンウィークで転職を決めた人の人員補充など、求人が年間でもかなり多い年になります。そのため良い求人を探すのはとても良い時期ですので、転職活動を始めるのは5月が最も適しているとも言えます。
5月で自分が希望している条件を明確にして6月、7月の求人に応募するイメージで行動しましょう。そして9月に転職を完了させて新しい職場に移ることで一緒に転職してくる看護師も多いなど、新しい職場に馴染みやすいメリットもあります。基本的には5月から転職活動を始めて9月に転職を完了させるイメージで動くと求人が集まる時期と、4月からの半期が経つ時期として職場にも馴染みやすいのでおすすめです。

勉強熱心なあなたにおすすめ!

外科勤務に興味があるなら転職も視野に
外科に転職する際の心構え

外科に転職する際の心構えを知って転職に後悔をすることなく、自分の目的にぴったりの転職をしましょう。転職の目的をはっきりさせるなどのポイントを押さえましょう。

外科で働く看護師のやりがいと苦労
勉強と実践を繰り返せる一般外科

一般外科は勉強と実践を繰り返すことができるので知識と技術がしっかりと身につきます。そして在院日数が短いことが多いことから様々な症例を見ることもできます。

外科で働く看護師の仕事内容
一般外科の看護師の仕事内容

一般外科で働く看護師の仕事内容を、一般外科の特徴とともに紹介しています。一般外科の看護師の役割も紹介していますので興味のある方はご一読ください。